一人っ子の双子妊娠・育児日記

一人っ子の双子妊娠・育児日記

動物占いコアラ。高齢出産で双子を授かり2016年12月に出産しました。色々あってお寿司解禁!

プロゲデポー注射を打ったその後(34w3d)

帝王切開まであと18日。
34w3dです。昨日夕方入院して最初の朝を迎えました。

このまま出産まで入院になります。

 

朝5時頃、遠くで赤ちゃんの泣き声が聞こえました。産まれたのでしょうか。双子が痛いほど激しく反応しました。

 

初日のプロゲ注射は、期待値コントロールのおかげか、少なくとも注射を打った時は痛くありませんでした。

打った時はね。

 

前情報では、筋肉注射のように痛い・ジンジンする・しこりになる・筋肉痛みたいに腕が上がらなくなる・風邪のひき始めみたいにだるい・腫れる・痒くなる、と。

 

左肩に打ってもらいました。

まずは注射前に1分くらい揉んで麻痺させます。お薬はドロッとした液体で、子宮が柔らかくなるのを防ぐ効果があるのだそうです、

 

看護師さんに「これでもかってくらい揉んでください!」とお願いしました。
「打ちますよー。チクっとします」

この時、私が考えていたことは、ギックリ腰よりマシ。骨折よりマシ。つわりよりマシ。と、過去の痛みと比べていました。

→あれ?よく揉んで麻痺してるせいか、針は血液検査より全然痛くない。
「お薬入りますよー」→痛くない。
「抜きまーす」→あー。なんか少しだけ鈍痛するかも。でも別に平気。

 

刺すときと、薬を入れるときが、ウゥッとなる人が多いそうなのですが、その瞬間は全く痛くありませんでした。よく揉んだのと看護師さんが上手だったおかげです、と褒めたら「下手ですよー」と謙遜してたけど。下手じゃ困る。
 
私「注射の後はどうしたら痛くなりませんか」
看護師さん「3分くらい揉んでください」
3分以上揉みました。これでもかってくらい。

深部を意識して揉むといいらしいです。

 

左肩を揉んだり、手を伸ばしてブラブラさせたり、肩を回したり、とにかく血液の循環を意識して動かしました。そうこうしてる間に30分。

なんとなーく重くて痛い。いやーな感じ。

 

1時間もすると、重い嫌な痛みはおさまりましたが、患部は腫れてる感じ。念のためしばらく患部の周りを揉んだり、肩を回し続けて過ごしたのでした。

 

今朝は患部を触ると痛いけど、触らなければ腕も上がるし痛みもなく、経験者の方々の前情報のおかげで無事です。

プロゲ注射の頻度は一週間に一回打つ妊婦さんが多いそう。次回もしっかり深部まで揉み揉みしようと固く誓ったのでした。

 

ちなみに入院の安静レベルは、トイレと洗面のみ歩いてOK。お風呂は週3回。身体は毎日拭けます。ロビーでの面接は車椅子で1日1回30分以内で。食事はベッドに座ってだそうです。

まだ内服薬で点滴もしていないので、自由な方だと思います。

 

それにしても環境が変わって眠れたのは3時から5時の2時間くらいでした。

21時に消灯で、22時にウテメリンの時間なので、看護師さんが見回りに来る0時過ぎまでは点滴のアラームが突然鳴ったりするのはいいとして。

6人部屋に5人いるのですが、夜の2時を過ぎても、だーれも寝息を立ててないんですよね。スースーとすら言いません。みんな起きてるのかな…。

 

綿布団が重い!なので朝方まで布団かけてません。羽毛布団を持参したいくらいです。

私は、自宅安静中、昼間も夜もぐーぐー寝てたので、環境が変わったせいだと思うのですが、明日からは眠れるといいなぁ。

 

今日はさっそく15時にシャワーを予約。午前中のNTSで張りがたいしたことなければ浴びれます。

休日の面会は13-20時。15時に我が家にキッチン掃除の業者さんが来るので、お昼に夫が洗濯物を取りに来るそうです。