一人っ子の双子妊娠・育児日記

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一人っ子の双子妊娠・育児日記

動物占いコアラ。高齢出産で双子を授かり2016年12月に出産しました。相変わらずお寿司我慢中。

35週突入(35w0d)

双子 妊娠後期(8~10ヶ月) 入院生活

帝王切開まであと14日。入院6日目。

今朝は胎動とは関係のない下腹部に強くて嫌な痛みが6分続きました。入院前に1時間間隔的に続いた前駆陣痛と似ていました。次は痛いときに呼んでください、とのこと。

 

35週まで来ることができました。昨日は1日37度の微熱が続きました。双子は上の子(もともと右の子)が、頭位→横位→斜位?と先生も驚くほど移動を続けています。昼間も夜中もゴリゴリ頭が飛び出るほど動いてたからまた移動したかも…。エコーでも入り組みすぎてよくわからない状態。

 

子宮頸管長は24mm

体重は左2373g、右2302g

35週と2300g超えの目標達成しました。

次の目標は金曜日の自己血です。

 

下腹部や膣にズーンズーンと嫌な痛みが走ったり子宮が痛くなったり恥骨が痛いのは、この体重増加の影響なのね。

一卵性のDDツインは胎盤もお部屋も2つある分、成長の推移が安定しており、本当にラッキーだと思います。あとは母体がどこまで持つか次第とのこと。

二卵性の膜性はすべてDDツインですが

一卵性の膜性は
25%がDDツイン ←私はこれ。
75%がMDツイン
1%がMMツイン
の3つで、どれになるかは着床前のいつ分裂するかで決まります。

 

今のところ点滴もなく、ウテロンと鉄剤の内服薬、鉄剤注射で乗り切っています。

この日の看護師さん、鉄剤注射は初めてだったみたいで、ベテランさんの付き添いのもと、彼女の初体験は、1回目失敗。漏れて左の血管が腫れたと言われました。後から痛むし。

右手を要求されましたが、右を下にして寝ることが多いので、と利き腕は軽く拒否(笑。左腕でがんばってください、と、腕の内側のやわらかーいところの血管でうまくいきました。柔らかい分痛かったけど、つわりよりマシかな。

つわりがあまりに壮絶だったので、それをベースにするとたいていのことは大したことないと思えます。

 

この部屋でお腹はいちばん大きいけど、唯一点滴につながれていないのは私だけなので、いちばん順調なんだろうなぁ。点滴切れのアラームが鳴ったり、針の差し替えがないのは日常生活の不便さだけでなく、精神的にもすごく大きいことだと思うのです。

 

寝返りのたびにフゥとかハァとかイタ!とか言うのは私だけ(2人で推定4600gなので腰がヤバイ)。両脇の妊婦さんはしょっちゅう張りも訴えて、ナースコールを毎日押してます。深刻そう…。安静度(動いていい範囲)は同じみたいですが。

単胎とか双子とか本当に関係なく、お腹の命を守るためにみんながんばってるなぁ、と感じます。

 

主治医の先生のご配慮で、日曜日の午後に主人と帝王切開の説明を受けることになりました。手術のちょうど10日前ですね。

 

同じ先生に執刀してもらった方とお話ししたのですが、とても上手で良かったとのこと。私もこの先生に取り上げてほしくて手術日を決めたのもあるので、なんとかその日まで頑張ろうと思います。

 

昨日シャワーを浴びることもできたので、きれいな姿で夫と会えそうです。

 

お顔見知りのお母さんたちは、みんな産後で間もなく退院。赤ちゃんの入ったケースを押しながら洗面所を挟んで反対側の廊下を歩いているのを遠目で見かけると、とても羨ましいです。

 

あと14日で会えるね。

 

今日一番テンションのあがったご飯はこちら。双子より先に喜びました。子どもか。

唐揚げキタ━━ヾ(๑`꒳´๑)ノ━━

昼食

ごはん180g、鶏のから揚げ、かきたま汁、なすとピーマンの味噌炒め、オレンジ、タンパクゼリーセブン(レモンティー味)←鉄強化食品

f:id:sticwitu:20161122213004j:image 

タンパクゼリーは不味かったです…

 

昨夜は、胎動が激しくて寝ても覚めても、重くて痛くて苦しくて寝付けずにいました。張ってるわけでもないから我慢するしかないのだけど、仕事帰りの夫に苦しみを吐露しました。


すると夫が「コアラはすごいよ。尊敬してるよ。これまでもずっと愛してるし、これからもずっと愛するよ」とLINEをくれて、涙が出てきました。

 

双子ちゃん。私もあなた達も、この人に愛されて幸せだね。がんばろうね。

と心の中で話しかけながら、眠りにつくことができました。