一人っ子の双子妊娠・育児日記

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一人っ子の双子妊娠・育児日記

動物占いコアラ。高齢出産で双子を授かり2016年12月に出産しました。相変わらずお寿司我慢中。

赤富士(35w3d)

帝王切開まであと11日。

35w3d、入院9日目です。

腰が…顔を洗おうとちょっと前かがみになったらお腹が前に引っ張られて腰壊れるかと思いました。げ、限界…。いやまだあと11日!

 

今朝は夜中の3時に下腹部の痛みで目が覚めました。激しい胎動が原因のようで、硬くなっていました。そういう時のモニターを見たいから呼んでね、と言われていましたが、周りを気にして呼べず。30分の間に3回ほど耐えたら、胎動はともかく痛みは治まりました。昼間のモニターではいつもお腹柔らかくて問題なしなので仰向けになったら痛みは柔和できました。

 

日に日に重くて苦しく…。腰の痛さが半端じゃない。でもギックリ腰よりはマシ!(経験者)と思ったら気が楽になります(単純)。

 

この日は造血薬の皮下注射、鉄剤注射、プロゲデポー注射と、注射のフルコースを受けてもらっていい?と先生。よりによってこないだ注射を失敗して血管を腫れさせた看護師の日に…

( -̩̩̩-̩̩̩_-̩̩̩-̩̩̩)なんて日だ!!

 

Hb値の採血

採血の結果、この一週間毎日の鉄剤注射と1日2回の鉄剤内服もむなしく、9.0→9.2と全く目標の10に届かず。自己血は延期で治療継続となりました。

 

プロゲデポー注射
頻度:週1回。先週も打った筋肉注射です。これでもかというくらい看護師さんに揉んでもらってから打つとその瞬間は本当に痛くないです。打ったあと次の日も痛いんですけどね…自分でもしっかり揉みますが、途中から触るのも痛くなります。ちなみに打たれる瞬間はつわりよりマシ!と自分に言い聞かせています。

 

鉄剤注射

頻度:毎日。→今日は打たなくていいことに!嬉しくてテンションあがりました。まぁ、1日だけお休みなのでしょうけど。

 

造血薬の皮下注射

頻度:週1回。ヘモグロビンを増やすため。予防接種みたいなもので痛くないよ、と言われたけど針の抜き差しは筋肉注射より痛かったです!

しかもまた看護師さんに保護者付きでした。打とうとして「空気抜いた?」って言われてから、抜いてましたよ!( ꒪Д꒪) 静脈注射で血管に空気入ったらアウトだから…

 

痛い痛い、けど◯◯よりマシと思ってたほうが、アレ?それほどでもなくない?ってなるものですね。

 

なお「静脈注射」「皮下注射」「筋肉注射」のうち、揉んでいいのは筋肉注射だけです。

筋肉注射を受けた後に患部を揉む理由とその他の注意点 | メディシル

 

NST

モニターは上の子が逃亡しまくって、1時間以上かかりました。看「お時間かかってすみません」私「いえいえ、うちの子達が迷惑かけてすみません」

 

赤富士

妊婦さんが陣痛中に描いたものをもらうと、子宝に恵まれると言われている「赤富士」の絵。

f:id:sticwitu:20161124081916j:image

妊活中だった私はその存在を全く知らず、オープンに話せる数少ない妊活仲間で先に妊娠した友人から「いる?」と聞かれて知りました。後輩に頼まれて知り、彼女のほうから、私にも描きたいと思ってくれたそうです。

 

気持ちがすっごく嬉しかったです。けど、陣痛中だなんて大変。何があるかわからないし、気持ちだけで充分。無理しなくていいよ。

 

と言いましたが、がんばって描いてくれました。リビングに大事に貼ってあります。

 

あれから1年後に授かりました。もちろん何もせずにというわけではなく、手を尽くしたうえでですが、効力というよりかは、私の妊娠を願ってくれてる友人がいる、いつかは私も、という心の支えになりました。

 

私のために描きたいと思ってくれた気持ちが、じわじわと嬉しかった「赤富士」。

この気持ちをリレーしたくて、私は帝王切開ではありますが、相談に乗ったことのある妊活中の身内に描きたくなりました。

 

厳密に言えば、陣痛中にこだわりすぎる必要はないと思うんですよね。科学で証明された効力ではないですし。つまりは"出産間際の妊婦さん"にあやかろうてきなジンクスなのだろうなと。

 

というわけで、出産間際の当日ないしは前日に描いて、産後郵送しようと思っています。

 

食事

今日一番テンションの上がった食事は昼食。届いた時は、モニターをつけてて、米飯180gというプレートしか見えなかったので、焼きそばとごはん両方なの!?と思ったけど(過去にパスタとごはんが同時に出てきた)、ごはんはありませんでした。よかったー。

焼きそば、揚げシュウマイ、大根サラダ、ジョア、微妙なたんぱくゼリー。(鉄強化)

f:id:sticwitu:20161125143658j:image