一人っ子の双子妊娠・育児日記

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一人っ子の双子妊娠・育児日記

動物占いコアラ。高齢出産で双子を授かり2016年12月に出産しました。色々あってお寿司解禁!

双子と母子同室

Wi-Fiが届いてサクサクです!

土曜は初めての双子の母子同室をしました。

夫が来てくれたので、おむつとミルクを体験してもらい、私は母乳とおむつのサポート、ミルクを温める準備程度と、ラクをさせてもらいました。

 

そういや2号ちゃんがたまに( ⁎●᷄⌳●᷅⁎ ) こんな顔をします。かわいいです。

 

初めての双子と母子同室。

私の部屋は新生児室から最も遠い場所なので、はじからはじまで、2台の赤ちゃんケースを連れてガラガラ歩き、新生児室でお世話します。とりあえず、ミルクを温めるために新生児室に行くのはマストなので、連れて帰るかギブしてお願いするかはその都度決めることに。

 

夜の1回目 21:00-22:30

同時泣き初体験。

1号ちゃん 20:00に飲んだばかりなのに派手に泣きだすのでなだめつつお世話。

2号ちゃん その間に起きてがっつり(出ない)おっぱいを吸う。同時泣き勃発。

結局看護師さんが泣きじゃくる1号ちゃんにミルクをあげてくれました。うーん、これはママ代行ミルク屋さん、買おうかなぁ…と思いました。ゲップも終わり、3人で部屋に帰宅。

 

合間の時間 22:30-25:00

24:30の痛み止めを飲むため、起きて過ごす。

2人はキューキューと、イルカのように泣いたり、寝言らしきものを言ったりしていました。うとうとするものの寝れず。

 

夜の2回目 25:00-03:20

1号ちゃんのお世話をしてゲップだけ看護師さんにお願いして、2号ちゃんのお世話を続けて行いました。そろそろ母乳を搾乳したくなり、看護師さんに告げると、手で絞ってくれました。この、若くて2年目のKさんがゴッドハンズ!痛くないのにどの看護師さん・助産師さんよりも母乳がぽたぽた出てきました。

 

他の方はギューギュー我慢できないほど痛いだけで出ないのに。「オキシトシンっていう幸せホルモンが分泌されると出やすいので、痛いとか嫌だなって思うやり方では出ないんですよ。」と。彼女のおかげで10ccも取ることができて、退院前に会えて一筋の光が見えました。

 

睡眠時間 3:30-5:30

双子もグッスリ寝てくれたので、2時間でしたがしっかり眠ることが出来ました。

 

朝を迎えた3回目 5:30-7:30

30分寝坊。おっぱいが軽くなり3時間も寝れました。Kさんがいる前に行かなくちゃ!と急いでガラガラと新生児室へ。

「吸わせてみましょうか」というわけで、あまり吸えていなかった1号ちゃんでトライ。何度かやり直ししつつ、柔らかくなった乳頭のおかげか10分くらいくわえたまま吸い付いてくれました。その後、昨夜絞った母乳を1号ちゃんに。飲んでくれてとても嬉しかったです。

 

2人を連れての通いでしたが、無事私の部屋に泊まりつつ朝を迎えることができました。

 

しかもKさん、夜勤明けの帰る前に部屋に搾乳までしに来てくれて感動でした。3時間くらいおきに、1回両乳15分くらいで良いと10cc取れました。

 

次に会えるのは退院の火曜日。もっと早く会いたかったな。知識と技術が伴っている2年目のKさん、将来有望です。