一人っ子の双子妊娠・育児日記

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一人っ子の双子妊娠・育児日記

動物占いコアラ。高齢出産で双子を授かり2016年12月に出産しました。色々あってお寿司解禁!

結局急いで出した出産報告のハガキ

双子ちゃん、生後35日。

昨日は24時間ぶっ通しで、とうとうまともに寝れませんでした。私は眠いどころか若干ハイに。1号ちゃんは0時に寝てくれたのですが、2号ちゃんが抱っこをしても泣き止まず。最終的には夫の膝で泣き止みました。

 

年末に双子が生まれたこと、無事に産めるか最後まで不安だったこと、私の負担を減らすためにも、2017年は年賀状を一枚も出さない、と決めていました。

sticwitu.hatenablog.com

ある意味、それは貫きました。

年賀状をいただいた方々に、オンラインで連絡。こういう事情で出せないけど、今年もよろしくお願いします、と。

 

問題は親戚でした。 

親戚への出産報告は、積極的に年末年始にするつもりはなく、落ち着いてからにしたいと思っていました。義母が関係の濃い親戚には電話したそうですが、あまりみんなにかけるのも、出産祝いをせびっているように取られても嫌だから控えめにしている、とのこと。その気持ちはよくわかります。さらに言えば内祝いとか面倒ですし、お会いした時に可愛がってもらえればそれで十分。

しかし、年賀状をいただいた方に今年は出せない旨をどう伝えるかの延長線上で、親戚に電話して連絡するしかないのかなぁ。。。と悩ましげに夫が言いました。

私の親戚はいないので、10割夫の親戚ですね。ざっと20数軒ほど。

 

悩んだ結果、それなら出産報告のハガキを親戚に出そうか?と私が提案。

 

毎年お世話になっているウェブポなら、年賀状をやりとりしている親戚のアドレスも入っているので、工夫して対応可能です。デザインも豊富で素早くネットで完結します。ただこのサービス、一年中やっているものではなくあくまで年賀状シーズンのみ。

webpo.jp

喪中の親戚もいたので、お年賀ハガキにならないよう寒中見舞いを選択。

画像を加工していい感じに仕上げ、速攻で親戚に送りました。

これで、とりあえずは一安心です。

 

次は、万一お祝いをいただいた時の内祝いを用意しないとな...。内祝いを送る手間はかまわないのだけど、義母は誰がいくらくれたのか教えてって言いそう。アラフォーになってまで親が出てくるのやめてほしい。

 

口頭で、おめでとう!ありがとう!のシンプルな関係が一番好きです。