一人っ子の双子妊娠・育児日記

一人っ子の双子妊娠・育児日記

動物占いコアラ。高齢出産で双子を授かり2016年12月に出産しました。色々あってお寿司解禁!

肩の力を抜いてたら肩こりが治っていた。

双子ちゃん、生後207日。6ヶ月と25日。

 

1号ちゃんが喉の奥を鳴らすのがブームのようです。言葉にしにくい「ゴゴッ」って擬音を口を閉じたまま出します。あえて例えるなら、まるで排水口に水を流して最後に水と空気が混じって流れていく瞬間のゴゴッという音。←他に例えるものがなかったのか自分に問いたい。

 

それから、仰向けで呪文のような唸り声をあげています。遊び飲みというか暴れ飲みもすごいです。手足がとにかくアグレッシブで、飲みながら寝返りを打ちます。

ご機嫌なので、とりあえずいいのかな...

 

日々の暮らしの中で、気をつけていることがあります。

 

それは、

無理をしないこと。

頑張りすぎないこと。

 

自分で言うのもなんですが、夫婦ともに身体を壊すまでがんばりすぎる傾向があります。

真面目なんですよね ←自分で言っちゃう。

 

それが災いして、今現在8ヶ月の薬漬け。 

我慢できない痛みから解放されて、いつか薬を飲まなくていい日々を送るのが私の目標です。

 

頑張れるときは頑張ってもいいんです。 

ここぞというときはね。

 

でも、頑張れない時は頑張らなくていいと思うんです。

がんばることが人生の目的じゃないですし。

将来どうなりたいか、そのために前に進むってことを忘れないことが大切なのかな、と。

 

そして力まないのが大事。

 

今まで日常的に仕事をしていたときも育児でも、つい肩を上に上げて力が入る癖があり、ストレートネックで頭痛&慢性肩こりだったわけですが、最初に坐骨神経痛を見せに行ったところで、「どんな風に抱っこしてるかやってみて」といろんな再現を求められて、「肩が上がってる。下げてやってみて。」と言われて、ことあるごとに肩の力を抜いて肩を下げて動くようにしたんですよね。

 

気がつけば、肩こりは感じなくなっていたのですが、ロキソニンのせいかとも思っていました。しかし、今通っている病院で腰の治療の延長で、首のレントゲンを撮ったらストレートネックが治っていたんです。

「首の骨は詰まってないし、きれいな形してる。問題ないね。」と。

 

あんなにストレートネックだったのに。だから肩こりがなくなったのか。

 

 

ちょっと疲れて落ち込んだりもしてたけど、

そんなときこそ肩の力を抜いて、

無理に頑張らないことをがんばりたいと思います。