一人っ子の双子妊娠・育児日記

一人っ子の双子妊娠・育児日記

動物占いコアラ。高齢出産で双子を授かり2016年12月に出産しました。色々あってお寿司解禁!

自分を気持ちよく甘やかす

双子ちゃん、生後238日。7ヶ月と26日。

 

朝起きた瞬間から坐骨神経が痛いのと、右手首の腱鞘炎が食洗機に食器を入れるだけで痛いという状態。

バンテリンの手首サポーターを購入しました。

 

双子ちゃんは、1号ちゃんが手をつきながらではあるものの、おすわりをするようになったので、ベビーベッドの柵を1段下げました。

 

どんどん成長しています。

 

これにより、ベッド下のおむつやガーゼ入れなど荷物をそろそろどかさないと…夫婦揃ってDIY苦手だし、片付けはなんとなく私の担当なので、憂鬱です。

 

そんな中、自分にとって明るい出来事。

 

それは通院中に、一人の時間を過ごしてした時に浮かんできたことでした。

 

髪の毛をカラーリングしようかなぁ、と悩んでみたり、カラオケに行きたいなぁ、と思ってみたり、イヤフォンで音楽を聴いてみたり。

身体が元気になったら、またサルサ踊りたいなぁと思ってみたり。

 

歌は気分をすっきりさせるのにはカラオケが手っ取り早いのですが、私が子どもの頃、母が主婦コーラスをしていて、一緒についていって歌を覚えるのが凄く好きな時間だったので、双子ちゃんとそんな時間を持てたらなぁとちょっと思いました。

 

サルサは昔、六本木で週2で習っていて、お教室の延長でクラブで踊ったり、イベントに遊びにいっていました。

複数クラブを経営していたロマンスグレーなオーナーが私を娘のように可愛がってくれて、スタジオを無料貸切で練習相手になってくれたり。

六本木・サルサというワードで派手な世界に思われるかもしれませんが、私は男関係も一切なく、真面目に楽しんでいました。たいして上手にはなれませんでしたけどね。

 

その後、会社にサルサ同好会ができて初期メンバーになり、チームメイトと会社の結婚式でパフォーマンスしたり、気づいたら同好会のポスターに大きく載ってたり。

 

ちょっとしたことなんですが、妊娠する前の、自分を気持ちよく甘やかせる娯楽にまた興味がわいてきたというか。


封じていたわけでもなく、それどころじゃなかったから、そこに興味がなくなっていたんですよね。

それがムクムクと。

 

双子と過ごす時間も大好きだけど、一人の時間もやっぱりいいなぁ、と。

 

気持ちに余裕がもてる瞬間を、こうして持てるだけでも幸せです。

 

実現できるかどうかは別として、

なんだかそんな自分が戻ってきたことに嬉しい気持ちを覚えました。

 

身体の痛みが本当になくなって治ったら、もっともっと楽しいだろうなぁ。