一人っ子の双子妊娠・育児日記

一人っ子の双子妊娠・育児日記

動物占いコアラ。高齢出産で双子を授かり2016年12月に出産しました。好物は生肉と鮨。

パンナコッタさんの差し入れ

双子ちゃん、1才1ヶ月19日。

まだ歩きませんが、私の足にしがみついて歩いています。

 

 パンナコッタさんとは

 双子とパンナコッタさん - 一人っ子の双子妊娠・育児日記

我が家に来てくださっているヘルパーさんのことです。

 

ヘルパーさんの仕事はほぼボランティアで、お菓子作りは教室も開いている腕前。クリスマスケーキやウェデイングケーキも作りますが、本業ではないので受注生産です。

 

今までお裾分けいただいたのは、

パンナコッタ、ブルーベリーソース付き

f:id:sticwitu:20180124070603j:image

ピザの生地とソースで初めてピザ焼きました。

f:id:sticwitu:20180124070722j:image

マドレーヌは母が売り物だと勘違い。

f:id:sticwitu:20180124070822j:image

双子の1歳のバースデーケーキ(いちごのショートケーキ・いちごのムースケーキ)

f:id:sticwitu:20180124070927j:image

バジルペースト

f:id:sticwitu:20180124071013j:image

など、全て手作りの差し入れです。

 

今年に入ってからは、

お正月のあんこが余ったからと、いちご大福

f:id:sticwitu:20180124063706j:image

こちらは手作りではありませんが、私の好きな浅草の古代おこしと、生協の絶品バナナ

f:id:sticwitu:20180124063947j:image

そして今回は、双子も食べれるようにと最小限の材料で作ったシフォン型のカステラと、焼き芋。

f:id:sticwitu:20180124064255j:image

どれも甘すぎず、すごく美味しくて、すぐに平らげてしまいました。

 

パンナコッタさんには最初の頃に、「たくさん作った時や、食べてほしいと思ったら持ってきてもいい?」と聞かれました。

私は「嬉しいけど、毎回お礼をどうしようか悩む」と答えました。

すると「そうね、負担はかけたくないので、お礼は気にしなくていいという約束にしましょう」と言ってくださいました。

 

なので毎回ではなく、夫が海外出張に行ったときや、母が小旅行に行った際は、パンナコッタさんにもお土産を買ってくるようになりました。

 

今週も、夫から遅くなるから追加して欲しいと言われて普段は週2回のところ、4回お風呂のサポートとお掃除をしてくださることに。

娘さん(私と同じくらい)はお仕事をしているので、お孫さんとは毎日夕飯を一緒に食べていて、習い事の送り迎えもその日によってされています。

それでいて、私の母より1、2歳年上。娘さんが羨ましい。

 

先日は双子を連れて行くためについてきてもらった育児サークルで、イヤイヤ期の男の子を一瞬にして手なづけていたし…。

 

もはや…パンナコッタさんはみんなのおばあちゃんです。