一人っ子の双子妊娠・育児日記

一人っ子の双子妊娠・育児日記

動物占いコアラ。高齢出産で双子を授かり2016年12月に出産しました。好物は生肉と鮨。

恨めしいほどに風邪の季節

双子ちゃん、1才1ヶ月24日。

 

双子の鼻水が大量に出始めて一週間。

コンコンという咳が2日後にはゴホゴホに変わり、痰の絡んだような咳へ。

 

夜中に咳をするようになったのをきっかけに病院へ行きました。

 

インフルエンザ、RSウイルスともに陰性。

呼吸の仕方に特徴があり、気管支炎からくる風邪だろうとのことでした。

 

下痢を1回、嘔吐数回してノロが始まるのかな?とヒヤヒヤしましたが、ノロはこんなもんじゃない、と。この時に作ったハイターを薄めた液が、電動鼻水吸引機の掃除に活躍しています。

 

1/26(金)に病院へ。週末もひきこもって薬・ミルク・睡眠で、回復に集中。

 

土曜、日曜と深夜1時から4時くらいまで連日の夜泣き。

 

抱っこしてあやして、おむつ交換して、鼻水吸って、寝かしつけて、またヒィー!と泣き出して…。その間、子どもも親も眠れません。

 

2号ちゃんは横になると鼻水が詰まり、息苦しくて、眠れないようなのです。寝る前に吸引しても、すぐに鼻水は作り出されているようで…。しかも1時半位になると夜泣きが始まるシステム。

1号ちゃんはオェー!!!ゴホゴホ!と血でも吐くんじゃないかっていう勢いの咳をしているし、2号ちゃんは苦しくて泣いてるし…そんな午前3時。

 

スマイルキュート大活躍。

病院と同じスタイルで夫に押さえてもらうようになってからは自分一人で羽交い締めで格闘するより、倍取れる気がします。

鼻水吸引器 スマイルキュート KS-500  ロングノズル付き鼻水吸引キット付セット【専用キャリングバック付】

 

月曜の朝は夫はほとんど眠らず会社に行きました。

 

器官を広げて、たんが出やすくするお薬ですが、夕方に飲むので深夜になるとちょうど効果が薄れるのかもしれません。

 

私は今日の時点ではなんとかうつらずに持ちこたえています。

喉の乾燥のため、漢方の麦門冬湯を飲みつつ、余ってるマカと葉酸が免疫力を上げるらしいということを知り、そちらも飲み始めました。でも…いつうつるかわからないくらい、双子の咳を浴びています。

 

11月から2月はウイルスが猛威をふるう季節のようで、はやく、はやく湿度よ戻ってこーい!(本気の加湿器ガンガンたいても湿度40%未満)

 

そんなわけで離乳食はおやすみして、ミルク5回に逆戻り中です。

 

来週の月曜日にはみんな元気になってるといいな…