一人っ子の双子妊娠・育児日記

一人っ子の双子妊娠・育児日記

動物占いコアラ。高齢出産で双子を授かり2016年12月に出産しました。好物は生肉と鮨。

今回の風邪。咳、鼻水、熱の対処

双子ちゃん、1才2ヶ月3日。

今回は双子の風邪の症状が2週間続き、対処法など今後のためにも記録に残しておきたいと思います。

 

結論として病院へ行っても2週間以上長引きましたが、大活躍なグッズはこちら。

1. 電動鼻水吸機→高いけど病院に毎回行く大変さや、中耳炎予防を考えてしっかり良いものを買って良かったです。

2. チューブタイプのヴィックスヴェポラップ→これを選んでくれた夫に感謝。すごく塗りやすい。twitterで知った技なのだけど、足裏は眠ってても塗りやすいのでオススメ。

3. 経口補水液OS-1 ゼリータイプ→ストローマグだとまだこぼして服が濡れて冷えて、すぐ着替えさせないとまた風邪ひくので、咳が苦しそうなときや、乾燥してるな、というときはゼリータイプをスプーンで飲ませています。予備のつもりでポカリとこれを2つずつ買いました。

4. 加湿器→強でガンガンたいても湿度が40%もいかない。ないと24%くらいと酷い。ずっとたいてます。

 

【最初の症状】

1/26くらいから黄色い鼻水が大量に出る。その1週間後に咳。昼間はコンコン→2/1の夜中にゴホゴホへ。

2号ちゃんの熱が夜中38.6度に。ミルクを吐き夜中3時に夜泣きで起きて2時間以上寝ない。こども救急#8000に電話して、本人の機嫌がいいことを考慮して、次の日の朝2/2に病院へ。

1号ちゃんは、2号ちゃんからうつされて数日遅れで同じ症状が出る。

 

【診断】

検査をしてインフルエンザ、RSウイルスともに陰性。気管支が赤く腫れた風邪とのこと。

熱は2日ほどでおさまるはず。

 

【薬】

症状を止める薬にしてしまうと、粘土が強くなり固くなるので、どちらも出るような薬を処方される。

薬を飲んでも鼻水も咳も出ますが、それは菌を出すために必要なことです。とのことでした。

 

・たんや鼻汁、中耳にたまった液を出しやすくする薬

・たんを出しやすくする薬、2種類

・気管支を広げて呼吸を楽にする薬

 

【薬の飲ませ方】(粉タイプ)

・ミルクに混ぜる方法(たまにミルク拒否になる)

・ごく少量の水と混ぜて口に押し込んでからミルクを飲ませる

 

【途中経過と対処】

1週間分の薬を飲み終え、薬の効果で鼻水が大量に出る日々。電動鼻水吸機 スマイルキュートを1日2回。昼のミルク前と夜のミルク前に実施。咳はゼロゼロと痰が絡みまくる。

寝るときにヴィックスヴェポラップを足の裏に塗って靴下を履かせると咳が静まった。しかしその効果も5時間ほど。

毎晩3時から4時に掛けて咳をするので、ヴェポラップを塗り直すと朝までもつ。

風邪の後追いをしていた1号ちゃんは「オェー!」と叫ぶような咳に変わったので薬が終わったタイミングで病院へ。鼻水は黄色から白へ。熱はもうなく、二人とも36.8くらい。

 

【二度目の診察】

喉に黄色い痰がこびりついてて、それがオェー!となる理由と思われる。抗生物質で菌を抑えることで、痰の粘り気も弱くなり流れていくかも。

咳をしていても、もう感染の心配はないとのこと。

 

【二度目の薬】

最初のお薬に加えて、抗生物質。効果あり。

 

【その後の状況】

抗生物質を飲んでから、オェー!という苦しそうな咳はしなくなる。ゴホゴホ程度。

まだ咳はたまに出るので、薬は最後まで飲ませることに。もう治りかけなので、後少しで良くなるかなーといったところです。

がしかし、さっき、2号ちゃんが足元にきて両鼻から鼻水が出ていて頭の中「!?」に。

 

早く完治しておくれー。

 

あってよかったものまとめ

大塚製薬工場 オーエスワンゼリー 200gx6

鼻水吸引器 スマイルキュート KS-500  ロングノズル付き鼻水吸引キット付セット【専用キャリングバック付】

ヴイックスヴェポラッブ 80g チューブ