O型母の双子妊娠と育児

O型母の双子妊娠と育児

家族全員O型です。ルルの1分後にロロが生まれました。双子妊娠中の記録もあります。

三度目のぎっくり腰とふたりの甘えん坊

3歳9ヶ月15kgの双子母、アラフォーのサリーです。

 

日曜にお出掛けから帰宅して、幼稚園の準備を終えたところでぎっくり腰になりました。

 

四年ぶりくらいでしょうか。

妊娠後に坐骨神経痛を患ったので、久々感はあまりないのが悲しいところです。

 

ぎっくり腰→ぎっくり腰→坐骨神経痛→ぎっくり腰(今ここ)

 

ふたりが最近甘えん坊でして。

どんどんいろんなことが自分でできるようになっていく一方で、時々「できない〜歩けない〜うごけない〜」と頻繁に甘えてきます。

「赤ちゃんになっちゃった」なんてことも。

 

女の子は4歳がママ大好きピークで、自分でできた!とママやって!を繰り返すことで自信とママの愛を再確認するのだとか。

突き放すのではなく、甘えさせる(甘やかすのとは違う)とその後安心して自立に向かうという話をTwitterYouTubeで見かけまして、年末に4歳を迎えるふたりの最近の言動にすごい納得したのでした。(まだまだ序の口ってこと)

 

それなのにぎっくり腰で抱っこ不可の私。

そもそも「動けない〜」となった二人を交互に抱っこしてたらこんなことになりました。

一人ずつしか抱っこできないので(ふたり抱っこすると5mくらいが限界)抱っこされなかったほうは「サリーちゃんがいい!お父さんいやだ!」と叫んで、途中で交代。

 

抱っこされた方は、相方が泣き叫ぶのを見て、完全に優越感とドヤ顔で私にピトっ。

 

しかし、ぎっくり腰も三度目。

コルセットもあるし、病院でしてもらえることもわかっています。

まずは安静。炎症の痛みを薬で落ち着かせ、そして少しずつ動かす。

すぐに横になってロキソニン錠剤とロキソニン湿布を貼り、クッションに足を乗せて休みました。

次の日にはうつ伏せからの上半身を持ち上げて腰を反らせたり、四つん這いからの片足ずつ後ろに伸ばしたり、不思議とその体勢はそれほど痛くないんですよね。

毎日の筋トレのおかげか、過去最速で回復に向かっています。

 

幼稚園のお迎えは夫に一任。大活躍です。

来月初旬は運動会だし、夫への負担が大きいので、早く治さなくてはです。