一人っ子の双子妊娠・育児日記

一人っ子の双子妊娠・育児日記

動物占いコアラ。高齢出産で双子を授かり2016年12月に出産しました。色々あってお寿司解禁!

赤ちゃんは、うまく吸えない自分に苛立っているんです

出ない母乳を吸わせているWi-Fi待ちのコアラです。夫が週末に持ってきてくれる予定ですが、週末は夜通し双子と母子同室。うーん。

 

隙間時間に食後のたんぽぽカフェオレを飲みました。ロビーまで歩けるようになったし、朝食に牛乳がついてきたのですかさず。

 f:id:sticwitu:20161209213014j:image

昨日は1番ちゃんを日帰りの母子同室、今日は2番ちゃんが一泊の母子同室です。

ちなみに土日月は双子ちゃんの母子同室をして、月曜に退院診察、火曜に今の病院を退院予定です。

 

母乳は身体に沿わせてなるべく深くくわえられるようにと心がけていますが、これまで私は赤ちゃんが「出ないのに何で吸わされてるんだろう。早く出るほう(ミルク)ちょうだい」と怒ったり口を閉じて貝になったりしてるのだと思っていました。

 

しかし助産師さんから、

赤ちゃんは、うまく吸えない自分に怒って苛立ってるんです。舌の上にちゃんとおっぱいが乗って深くくわえられれば、出ようが出まいが、吸いますよ。

 

と聞いて目からウロコでした、(⸝⸝⸝ᵒ̴̶̷̥́ㅂᵒ̴̶̷̣̥̀⸝⸝⸝)こんなに小さいのに自分を責めてたなんて…むしろ私も自分を責めていたんだよ〜、と。そして出なくてもうまく吸えるようになることが、まず第一歩なんだと思いました。

 

泣いて怒っても「大丈夫、大丈夫、(自分で自分を)怒らなくていいんだよ。できるようになるからね」と双子を励ませるようになりました。

 

新生児室にはベテラン助産師さんが何人かいます。

①の子は、助産師Aさんの指導で横向きよりも、縦抱きのほうがコツが掴めそうな気がしたのですが、②の子は、助産師Bさんの指導で一発でフットボール抱きで両乳がっつり吸ってくれました。何も出ないけど。吸ったまま今度は離すのが大変なほどに。助産師さんの話は本当だったんだと(疑ってたわけではなく)

とても嬉しかったです。まずは第一歩前進。

でも、自力だと中途半端…。練習あるのみです。おかげでついにおっぱいが張ってきました。このあとどうしたらいいかわからないので、今夜はミルクを作りに夜通し新生児室へ通いつつ助産師さんにアドバイスをもらおうと思います。

 

痛みはあるものの、痛み止めさえ飲んでいればがんばれるレベルになりました。

お腹はまだ子宮が縮まりきっていなくてブヨブヨですが、双子ちゃんが入っていた証です。

 

今日は2番ちゃんをゲップさせるために撫でてるとき、ふと自分の中の母性本能が花開きました。それまで、なんとなく実感がわかなくて、戸惑っていたのですが、こうやって少しずつ私も変化していくのだなぁ、と。

 

そして一気に、退院が見えてきました。

来週の火曜日!って、また入院するんですけどね。そちらでまたゆっくり休めたらいいなぁ、と思っています。