O型母の双子妊娠と育児

O型母の双子妊娠と育児

家族全員O型です。ルルの1分後にロロが生まれました。双子妊娠中の記録もあります。

手足口病の初感染記録と後遺症

双子ちゃんが手足口病にかかったのは2歳7ヶ月のときでした。

夏ですね。かなり軽かったので、もう遠い記憶…ですが、ほとんど書き上げたもののアップしていなかったので、記録になればと思い公開します。

手足口病にかかり、子どもから大人にもうつった記録です。

 

始まり・・・

はじめは二人とも高熱だけの風邪が出てしばらく元気に過ごしていました。

しかし、突然ルル(1号ちゃん)の熱が出ました。

 

目次 [contents:] 

 

手足口病について

Q1 手足口病とはどのような病気ですか?

A1 手足口病は、口の中や、手足などに水疱性の発疹が出る、ウイルスの感染によって起こる感染症です。子どもを中心に、主に夏に流行します。感染症発生動向調査によると、例年、報告数の90%前後を5歳以下の乳幼児が占めています。病気の原因となるウイルスは、主にコクサッキーウイルスA6、A16、エンテロウイルス71(EV71)で、その他、コクサッキーウイルスA10などが原因になることもあります。

出展: 厚生労働省HPページ 手足口病に関するQ&A|厚生労働省

 

最初は気づかなかった

また熱だけの風邪をぶり返したのかな、と思っていました。

だとしたら2,3日で下がるだろう、と。

小児科でも同じことを言われました。

高熱だけの風邪の時よりむしろ軽く、熱は今回2日目には下がりました。3日目、すっかり熱はありませんでしたが、手足口病の流行を意識してカラダ中を見るようにしていたら、なんとなく湿疹が。

外側に膨れるタイプではなく、太ももの皮膚の内側に小さな赤いポツポツが、数個あるかな、ないかな、どうなんだろう?という感じ。手のひら足の裏には何もなし。本人は癇癪が若干あるものの元気。食欲は若干落ちて、ゼリー系のドリンクを与えていました。

 

再診すると先生「口の中に水疱が1つありますね。かなり軽傷の手足口病かな」と。

かなり軽いため、本当にかかったのか微妙という感じでした。

もしそうなら、もう一人(ロロ)にもうつりますから、と予告。とはいえ、手足口病の薬はありません。

 

発熱から4日後、2人目に感染

予告通り、ロロが発熱しました。

熱はスッと下がり、同じように太ももの皮膚の内側に斑点のようなポツポツあるな、という感じ。薬もないし、病院に行くまでもない感じでしたので、どこにも連れて行かず。本当に軽くすみました。

 

看病する大人の予防対策

・すぐにマスク(コロナ前でした)

・ウンチ処理はゴム手袋3枚使用

・手洗いうがいをしっかり

・アルコール除菌

(コロナが流行った今では当たり前のことですね)

 

それなりに予防していたとは思いますが、お風呂は一緒ですし、うちの双子、私の鼻炎アレルギーを引き継いでいるのかクシャミが出るんですよね。

お風呂とかでクシャミの飛沫を私が受けて感染したのだと思います。

 

保菌は一ヶ月ほどあるそうですが、潜伏期間は3日〜5日と聞いていました。双子は拍子抜けするほどあまりに軽い症状なので、若干油断がありました。それに二人とも私に甘えたくて仕方なかったのでしょう。

急に赤ちゃん返りをしだして、おっぱいに顔を押し付けてましたね。今思えばあれも原因かと。

 

7日後、大人にうつった

それは、幸い夫のいる土曜でした。

起きた瞬間から全身倦怠感が凄かったのですが、まさか手足口病とはおもわず、ロキソニンを飲んで外出。薬が全く効かず、食材の買い物をしているうちに頭痛と発熱が出て夫に「もう帰る」宣言。

寝たら治るのでは、ということで車の中で双子と一緒にお昼寝させてもらいました。顔にはタオル、体には毛布をかけて相当怪しい姿。

 

高熱は土日でスッと下がり、今度は湿疹。

大人の方が重症化すると聞いていた通り、見た目じゃ全くわからない軽度の二人よりは、右手首に「手足口病です〜」てきな湿疹がバーっと出ました。

もしも双子がもう少し重かったら、私も足裏がすごくて歩けないとか、爪が剥がれた等なってたのかもしれません。

 

うちの夫は免疫力が高いのか、今回も(前回は私が胃腸炎になりましたが)うつりませんでした。免疫力って大事。

 

後遺症

一ヶ月ほどして、爪が剥がれてくる可能性があると聞いていました。

ルルは足の親指の爪が根元からヒビが入りました。二ヶ月経ってもまだ大きな亀裂が入ったままでしたが、爪が伸びきるには半年くらいはかかるだろう、と思っているうちに忘れてしまいました。

大人の私は幸い後遺症がなく、そのまま日々の忙しさに流されて、この記事が2年ほど下書きで埋もれていた、、という次第です。

 

もうすっかり忘れていたのですが、ルルを風邪で小児科に連れて行った際、待合室の近くに明らかに手足口病(そのとき初めて見た)のお姉ちゃんがいたな、という記憶だけはあるので、おそらくそこでかかったんだろうな〜と思ったりしています。

あれ以来、ちょっとの風邪だったら家で様子見をするようになり、小児科に行かなくなりましたね・・・